情報収集がポイント!

転職を成功に導く面接の事前準備

面接の事前準備とは

面接の事前準備とは

転職エージェントを利用して転職希望先に応募をしたらいよいよ面接です。面接の前には必ず準備しておくべき事があります。まずは自身のスキルやキャリアを整理して提出書類の作成をしましょう。身だしなみやマナーの確認も必要です。いくら万全の準備をしても、いざ本番では本領を発揮できない事もあります。ですが、だからこそ、事前にしっかりと準備をする必要があるのです。第一希望ではないところの面接であろうが気を抜かずに全力で臨みましょう。下記にて具体的な準備の内容を記載していきますので参考にしてください。

LINEで送る
Pocket

書類作成

面接の際に提出する履歴書や職務経歴書ですが、一つの内容を使いまわすのはNGです。応募先ごとに作成しましょう。履歴書の志望動機や自己PR欄、職務経歴書の職務経験や職務内容欄は応募先によって書き方を工夫する必要があります。基本的な事ですが誤字脱字が無いように注意して、もし間違った場合は初めから書き直しましょう。また、自分が記入した内容を後々確認できるように作成した書類の控えを取っておくと便利です。

身だしなみとマナー

社会人の常識として身だしなみには注意してください。清潔感を意識した身だしなみで臨みましょう。服装はスーツが一般的ですが、職種によっては指定が無い事もあります。とはいえ派手な服装のほうが良いという事はありませんので、指定が無い場合でも落ち着いた服装で揃えた方が良いでしょう。看護師や保育士の場合は過度なネイルなどは業務に支障が出ますので、職種にあわせて細かいところまでチェックしましょう。
また転職の面接の場合は、応募者は既に社会人としての経験がある事からマナーが身についていて当たり前だと思われています。もしマナーができていない場合は大きく印象を下げる事になるので、不安がある人は事前に確認しておきましょう。入室の際は必ずノックをして、席まで来たら一礼をしましょう。面接官に着席をすすめられてから着席します。退室の際は面接官に向かって一礼をして、失礼が無いようにお尻を向けずに出て行きましょう。

体調管理も大事

面接当日に体調を崩して力を発揮できなければ元も子もありません。仕事の上でも体調管理は非常に大切です。特にあなたにとって重要な局面である面接の場で体調を崩しているようでは、面接官も「自己管理ができない人で、仕事の大事な局面でも体調を崩すかもしれない」という不安を感じます。普段から手洗いうがいをして、予防接種も忘れずに行きましょう。前日はしっかりと睡眠をとって面接に臨んでください。