情報収集がポイント!

転職には計画性を持とう

計画性の無さが収入に影響

計画性の無さが収入に影響

計画性を持たずに転職活動を行うのは危険です。なぜなら、その計画性の無さが結果として収入に影響するためです。今よりも高い給与を目標として転職をするのであれば、計画性を持って取り組みましょう。ここでは、転職後に収入が減ってしまうパターンについて紹介していきます。参考にして、そうならないように取り組んでください。

LINEで送る
Pocket

いきなり退職する

今の仕事に疲れてひどく消耗した結果、いきなり退職してしまうといったパターンです。これは仕事を頑張りすぎるタイプの人に多いようです。ぎりぎりまで溜め込んでしまい、あるタイミングで突然退職を決意します。しかし、事前に転職に関する計画を持っていなかったため、いざ転職活動をしてもなかなかうまくいかず、なんとか転職先が決まっても収入は増えなかったという事が多いようです。

夢を叶えるために転職

新卒採用時に希望していた職種につけなかった人が、夢を捨て切れずにあらためて希望していた職種への転職に挑戦する事があります。一見前向きな転職に思えますが、収入という面でみればデメリットが多いのです。未経験からのスタートだと、当然採用側は未経験者としての給与提示をします。その結果、以前よりも収入が減ってしまったというパターンも多いのです。

流されやすい人は注意

普段から周囲の意見に流されやすいという人は、転職の際は注意した方がいいかもしれません。最近では転職自体珍しいものではなくなってきました。周りにも転職をして成功した人がいるかもしれません。「みんな転職して成功しているから自分も」などという安易な考えで成功するほど転職活動は甘くありません。成功した人は、強い覚悟としっかりとした計画を持って臨んだからこそ良い転職ができた事を忘れないようにしてください。

隣の芝生が青く見える

これは、同業種での転職を考えている人が注意すべきパターンです。同業の知り合いや取引先の話を聞いて羨ましく思い、自分もそのような環境で働きたいと望む、いわゆる「隣の芝生は青く見える」というやつです。表面だけを捉えて羨ましがっていると、いざ転職をしても「想像していたものと違う」と感じてしまいます。このようなタイプの人は転職を繰り返し行う可能性が高く、結果的にいつまでも収入が増えないといった事になるのです。

今とは全く違う環境を望む

人間関係に疲れている人はこのパターンに注意してください。今の職場の雰囲気や労働環境に不満を持ち、環境の変化を望んで転職をする人は給与面をあまり考慮しない場合が多いのです。環境が改善されたとしても、あまりに収入が減ると生活に影響が出ます。このパターンに当てはまる人は給与面もしっかり考慮してから転職をしましょう。