情報収集がポイント!

転職する際の悪質な引き止めに注意

悪質な引き止め

悪質な引き止め

転職の覚悟を決めて現在の職場に退職の意思を伝えた際に、悪質な引き止めで退職を妨害してくるケースがあります。悪質な引き止めにもいくつか種類があります。、下記に紹介しますので参考にしてください。このような引き止めにあっても怯む事なく退職届を出して、気持ち良く転職活動ができるようにしてください。

LINEで送る
Pocket

契約違反や賠償金を訴えてくる

退職の意思を伝えた際に、「雇用契約書に雇用期間の定めなし、と書いてあるので辞めるのは契約違反だ」と言って引き止めてきた場合ですが、雇用期間の定めなしとは「雇用側は簡単に解雇できない」という意味です。その職場で一生働くという事ではありませんので、無視して問題ありません。
また、「辞められると職場や取引先に迷惑がかかるので賠償金を請求しますが、それでも辞めますか」といったような脅し文句で引き止められた場合ですが、実際に取引先に迷惑がかかったとしても後任者の準備をしていなかった職場側の責任ですので気にする必要はありません。その他に法的措置をちらつかせてきた場合でも怯んではダメです。相手が引かないようであれば、こちらも「労働基準監督署に相談する」と返しましょう。

食い下がって引き止めてくる

「君の代わりになる人はいないので辞めてもらっては困る」と言って引き止められるケースがあります。ですが、そのような事情はこちらに関係ありませんし、代わりになる人を探すのが会社の役目です。このような事情で転職を踏みとどまる必要はありませんが、後任者が決まった際の業務の引き継ぎはしっかり行いましょう。退職の時期まで後任者が用意できていないようであれば、引き継ぎマニュアルを作成しておけば問題ありません。その際は、マニュアルの場所を上司へ忘れずに伝えましょう。
また、「大切な仲間の事を考えてくれ」「今までお世話になった恩があるだろう」と情に訴えるような引き止めをするケースもあります。ですが、不満を多く抱えこれ以上この職場で働き続ける事ができないと考えて転職を決意したはずです。今の職場で働き続けても明るい未来は待っていませんし、状況が改善される保証もありません。冷たいようですが、「それとこれとは別」と割り切って考えましょう。他にも「君は優秀だから辞められると大変だ」と自尊心に訴えかけるような言葉で引き止められるケースもあります。これも冷静になって考えれば「たった1人抜けただけで混乱するような職場」という事なので、気にせず退職しましょう。

甘い言葉で引き止めてくる

「給料を上げるから考え直してほしい」「昇格させるから辞めないでほしい」と説得してきた場合ですが、大概は口だけですのでこのような甘い言葉には騙されないようにしましょう。仮に、退職を取り下げた直後は少し給料があがったとしても、その後はまったく給料が上がらない可能性もあります。強い意思を持って転職の覚悟を決めたのであれば、その場だけの安っぽい誘惑に負けてはいけません。

攻撃的な言葉で責めてくる

「君は最低の裏切り者だ」「君みたいなのは転職しても失敗する」と、人格を否定するような言葉を浴びせてくるケースがあります。もちろんこういった言葉はすべて無視して構いません。いちいち反応するだけ無駄なのでさっさと退職の準備を進めましょう。あまりにもひどいようであれば、労働基準監督署や司法機関の力を借りる事もできます。「職業選択の自由」が日本国憲法には定められています。
上記で紹介してきたような悪質な引き止めにあっても怯む必要はありません。縛られることなく、堂々と転職活動をしてください。