情報収集がポイント!

転職に失敗しないための情報を集めよう

情報を集めて失敗を回避しよう

情報を集めて失敗を回避しよう

当然ですが、転職が必ず成功する保証はどこにもありません。失敗する人も多くいます。そのために、転職をする覚悟がなかなか固まらずに足踏みをしている人も多いでしょう。ですが、それを理由にいつまでも転職せず、不満を抱えながら今の職場で働き続けても仕方ありません。事前にどのような失敗が考えられるのかという情報があれば、それを参考にして失敗しない転職活動を進める事ができます。転職の失敗例と対策について紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

残業時間を見抜くには

残業時間を見抜くには

転職先に求める条件として「残業が少ない」事を優先する人は多いかと思います。特に家庭を持つ女性にとっては最重要の条件ではないでしょうか。そこでここでは、転職活動の際に転職先の残業時間を見抜くコツを紹介します。希望する職場に足を運べる場合は遅い時間に職場の明かりが付いているかをチェックしてみてください。もし遅くまで明かりが付いているようであれば残業の多い職場です。その他にも面接時に役立つテクニックやSNSを利用した方法を紹介していますので参考にしてください。

続きへ

計画性の無さが収入に影響

計画性の無さが収入に影響

転職の覚悟を決めたのであれば、計画性を持って転職活動に臨みましょう。もし計画性が無いまま転職活動をしてしまった場合、結果的にそれが収入に大きく影響し、収入が減ってしまう可能性があるからです。収入面ではなくやりがいを求めて転職をする場合でも、あまりに大きく収入が減ってしまえば生活そのものができなくなってしまう可能性もあります。ここでは、転職後に収入が減ってしまうパターンを紹介しています。もし当てはまるようであれば、後々後悔する事が無いようにしっかりと計画性を持って転職活動をしてください。

続きへ

異業種への挑戦は下調べが鍵

異業種への挑戦は下調べが鍵

現在の職種とは異なる業種への転職を考えている方は、ここで紹介している情報を参考にしてください。異業種への転職は同業種の転職とは異なる点が多くあります。今まで働いてきた経験をもとに転職活動をするというのは難しい環境になりますので、事前に希望する業種の下調べが重要になってきます。転職をした後に「想像していたものとは違った」と後悔をしてしまわぬように注意してください。仕事内容だけでなく業界を取り巻く環境を知り、イメージを掴む事が大切です。

続きへ

悪質な引き止め

悪質な引き止め

転職をするために今の職場へ退職の意思を伝える際に、悪質な引き止めにあう可能性があります。様々な理由をつけて退職の取り下げを求めてきますので、そのような事態になった際に慌てる事が無いよう事前に考えられる悪質な引き止めのケースを知っておきましょう。中には人格を否定するような言葉で責めてくる上司もいます。日本は職業選択の自由が認められています。悪質な引き止めに怖気づく事無く、冷静な対処で乗り切りましょう。

続きへ