情報収集がポイント!

転職成功のためにはどのような覚悟が必要なのか?

成功へ導く3つの覚悟

成功へ導く3つの覚悟

期待を抱いて転職を果たしたもの、新しい会社ではこれまでとは勝手が違ってとまどうことも多いでしょう。内定をもらう以前に、転職活動の段階でつまづくこともあるかもしれません。
この記事では転職を成功させるのに必要な心構えとして、「過去の実績を忘れる覚悟」「転職活動を最後までやり抜く覚悟」「熱意や意欲を見られる覚悟」を取り上げます。3つの覚悟を持って、転職時の現実にしっかりと目を向けていきましょう。

LINEで送る
Pocket

過去の実績を手放す覚悟

転職を志す方は、過去の実績や成功体験を一旦手放す必要があります。近年はあらゆる業種でビジネスの変化が著しいため、過去に上手くいっていた手法も瞬く間に時代遅れになってしまう可能性が高いからです。また、在籍中の会社と転職先とでは、社員数や予算が大きく異なることもあり得ます。この場合、持っている知識やノウハウをそのまま新しい環境で活かすのは難しいといえるでしょう。過去に仕事で成功を収めた人の中には、その経験を転職先でも活かせると考える方が多くいます。しかしながら、実際は必ずしも幸運なケースばかりとは限らないということを念頭に置きましょう。

転職活動を最後までやり抜く覚悟

転職活動では思い通りにならないことも多々あるでしょうが、つらい現実に直面したとしても目標に向かって最後までやり通す意志の強さを持つことが大切です。とはいえ、時には「疲れたからもうやめたい」と弱音を吐いてしまうこともあるかもしれません。現職を続けながら転職活動を行うのはかなりハードです。限られた時間を効率的に使わなければなりませんし、移動や面接など体に負担がかかる場面も多いからです。逆に退職してから転職活動に取り組む場合は、お金の心配で精神的なプレッシャーがかかりやすくなるでしょう。
いずれにしても転職活動に疲れた時は、少し休息をとるのが手です。親しい友人と会う機会を設けたり、温泉に行ったり、はたまた1日中何もせずにいたりなど、あなたがリラックスできる方法で活動から離れてみましょう。疲れているとついネガティブな気持ちになってしまいますが、ひと時でも心身を休ませることができたら、自然と前向きな考え方が持てるようになります。適宜休憩を挟みつつ、転職成功に向けて活動を続ける力を養いましょう。

熱意や意欲を見られる覚悟

転職活動にあたっては、応募者自身が高い意欲を持って面接に臨むことが重要といえます。企業は人材のスキルや経験とともに、どの程度の熱意を持って応募してきているかを重視する傾向があるためです。単に作業をこなしてもらいたいのであれば能力だけで判断してもいいのですが、継続的な発展を目指す企業であれば、すでにいる社員のモチベーションをさらに高めてくれるような人材を求めるでしょう。熱意や意欲が感じられない人が入ってきたとしたら、社内に良い影響を与えるどころかメンバーのやる気を削いでしまうケースもあるからです。