情報収集がポイント!

転職に伴うリスクを想定

伴うリスクを想定

伴うリスクを想定

転職には100%といっていいほどリスクが伴います。転職活動の際はそのリスクを受け入れる覚悟を持たなければなりません。転職の良い所だけを見ていては、仮に転職をしても望み通りの結果ではないと感じ、転職を繰り返し結果的に後悔する可能性が高いでしょう。そうならないようにするためも、転職のリスクを具体的に紹介していきますので参考にしてください。

LINEで送る
Pocket

博打的な要素がある

当然ですが、希望する企業に必ず転職できるという保証はありません。採用されるためには、企業によって定められた採用過程をすべてクリアする必要があります。過去に実績があり、高いスキルを有していても企業が望む人材像に当てはまらなければ採用されません。
そして、一番博打的な面としてあげられるのが「実際に入社してみなければどのような環境か分からない」という点です。企業のホームページなどで事前にどれだけ情報を集めたところで、内部の具体的な情報を知り得る事はできません。こういった事情から、リスクが完全に無くなる事はありません。どの企業に応募をするかまでは自分で決める事ができますが、実際に働けるかどうかは企業側の判断によります。最終的な決定権は相手にあり、その実情は実際に働いてみなければ分からない以上、博打的な部分は必ずあると認識しておきましょう。

転職しても不満が解消されないリスク

例えば、「今の職場は給与が低く残業が多い」という理由で転職をした際、給与面は改善されても残業の多さは以前の職場とそれほど変わらない、といったような事があります。こういったケースはよくあります。現在抱えている不満は転職先でも完全には解消されない可能性があるという事を意識しておきましょう。不満が解消される事を願って転職をするのですから、また同じような不満を抱えてしまうと強いショックを受けてしまいます。だからこそこういった事は往々にして起こりえるものなのだと事前に意識しておく必要があるのです。

他の問題が出てくるリスク

例えば、前述のように給与面と残業の多さから転職をして、仮に両方の不満が解消されたとしてもそれとは別に「人間関係が悪い」などといった他の問題が出てくる可能性もあります。これも、転職においてはよくあることです。企業に勤めて働く以上、何かしらの不満は必ず発生します。ですので、あれもこれもと高望みをしてはいけません。極端な話ですが、「人間関係が良く、給与も高い、残業も無いし休日も多い、仕事は楽だし、やりがいがあって将来も安定している」といった事はまずあり得ません。
転職によって一定の不満が解消されたのであれば、それ以外の事はある程度受け入れる覚悟が必要です。転職を考えている人は、今抱えている問題や不満が「他のものを犠牲にしても解消すべきものなのか」を良く考えましょう。