情報収集がポイント!

転職にはどのような覚悟が必要なのか

どのような覚悟が必要なのか

どのような覚悟が必要なのか

転職を成功させるにはいくつかの覚悟を持って取り組む必要があります。転職はそう簡単にできるものではありません。その中でより良い転職を実現する為には強い意志を持ち、起こりえる問題を事前に把握しておく必要があります。では実際にどのような覚悟を持って臨めば良いのでしょうか。ここでは、「嫌われる覚悟」を持って転職に臨む必要がある事や、「転職に伴うリスクとそれを受け入れる覚悟」を具体的に記載しているページを紹介します。

嫌われる前提で

嫌われる前提で

人間関係が悪くなる事を恐れて転職に踏み出せない人がいます。現在の職場を裏切る事になってしまうと考え、いつまでも転職ができないままではいけません。ですので、転職活動はあらかじめ嫌われる前提で行っていく必要があります。本当に転職をしたいのであれば嫌われ者になる覚悟を持ちましょう。転職を決め、退職の意思を伝える際には「相談」ではなく「報告」として割り切って伝えましょう。自分を裏切らないためにも、強い意志を持って取り組む必要があります。

続きへ

伴うリスクを想定

伴うリスクを想定

転職には必ずいくつかのリスクが伴います。それを把握しないままで転職をしてしまうと、転職先にも強い不満を抱えてしまい、またすぐに転職を繰り返すといった事にもなりかねません。事前に転職にはどのようなリスクが伴うのかを把握し、受け入れる覚悟が必要です。転職には実際に転職しなければ分からない事が多いという博打的なリスクがあります。その他にも考慮しておくべきリスクが存在しますので、ここで紹介している内容を参考にしてください。

続きへ

成功へ導く3つの覚悟

成功へ導く3つの覚悟

「転職してより良い地位や環境を手に入れたい」と考えている方は、大勢いるのではないでしょうか。とはいえ、転職には厳しい面もあります。努力して獲得したスキルやノウハウが新しい会社では通用しない、転職活動で心身が疲弊する、わずかでも本気度が伝わらなければ不採用が続く…などです。転職活動においては、夢や期待を抱くだけでなく、相応の覚悟を持つことが肝要であるといえるでしょう。
ここでは、転職を成功させるために必要な3つの覚悟を取り上げて解説します。

続きへ